安いwifiどこがいい

wifi安いおすすめ

 

 

工事不要でルーターひとつあれば家でも外でも
スマホでもパソコンでも手軽にインターネットが使えるwifi

 

使っている方もますます増えていますよね。
あなたの身近にも使っている方がいるのでは?

 

でもwifiには関心があるものの、高いんじゃないの?
手続きが面倒そう?通信制限が気になる・・なんて

 

 

よくわからないことも結構あったりする・・んだよね・・


 

当サイトでは安く契約できるwifiサービスを中心に
ランキング形式で比較してまとめてみましたよ。

 

あなたのwifi選びの参考に役立ててくださいね!

 

 

2020年はクラウドwifiに注目

クラウドwifi

 

 

クラウドwifiを取り扱う業者が大幅に増えてきています。
クラウドSIMを利用したサービスとなっているんですね。

 

今までは端末にSIMを装着して契約しているキャリアの基地局から
届く電波を掴んでデータ通信を利用することが一般的でしたが

 

クラウドSIMではインターネットを使う場所に合わせて
クラウドサーバーで最適なSIMカードを自動的に適用

 

 

クラウドSIM

 

 

ですので、ドコモ/au/ソフトバンクマルチキャリア対応とか
海外でも端末の電源を入れるだけでインターネットが利用できます。

 

2020年以降wifiの主流になってきているクラウドSIM
安くて便利なサービスを比較してみましょう。

 

新型コロナの影響でテレワークやオンライン授業の普及拡大など
あるいは端末の入荷遅れで各社申し込みが殺到しています。

 

受付一時停止や端末入荷待ちなどの場合がありますから
各社のホームページで在庫状況と発送時期を確認してください。

人気のクラウドwifiはこちら

どこよりもwifi

どこよりもワイファイ

 

無制限使い放題プランまたは20GBプランから選択OK

 

株式会社Wiz(ワイズ)運営のどこよりもwifiでは
端末の選択肢が2つ用意され月額料金が変わってきます。

 

U3/U2sプランなら使い放題で月額3,380円
こちらはクラウドSIMを利用したサービスになります。

 

JT-101プランなら月間データ容量上限が20ギガ
しばりなしまたはしばりありから選んで申し込むことができます。

 

JT-101はクラウドSIMではなくソフトバンクエリア対応
人気は無制限使い放題プランになっていますよ。

 

どこよりもwifi申し込み

ギガwifi

ギガワイファイ

 

U2sプラン月額3,250円/G4プラン月額3,650円から選択

 

株式会社メディアサービス運営のギガwifi
プランの選択肢が2通り用意されてどちらかを選びます。

 

U3/U2sプラン月額3,250円/G4Maxプラン月額3,650円から選択
月間データ容量の上限が100GBとなります。

 

申し込みから8日以内なら違約金なしでキャンセル可能ですので
万一不具合があった場合でも初期契約解除が利用できますよ。

 

ギガwifi申し込み

ポケモバクラウド

ポケモバcloud

 

U2sプラン月額3,250円月間データ容量上限100GB

 

株式会社ポケットモバイル運営のポケモバクラウド
端末U2s月額3,250円月間データ容量上限100GB

 

このプラン一択ですからわかりやすいことが特長
別料金が必要ですが海外でもデータ通信が利用できます。

 

申し込みから8日以内なら違約金なしでキャンセル可能ですので
万一不具合があった場合でも初期契約解除が利用できますよ。

 

ギガwifi申し込み

必要な期間だけwifiをレンタルしたいときは

wifiレンタルおすすめ

 

 

新型コロナの影響でテレワークの需要が高まっています。
まさにこれからの新しい働き方っていえるかもわかりません。

 

満員電車に揺られることなく通勤時間も短縮
自宅で効率よく仕事ができればかえって成果が上がるかも!

 

その他、出張や旅行、故郷への帰省など
必要な期間だけwifiをレンタルしたいこともありますよね。

 

1日からレンタルできる業者も一覧で比較していますので
関心をお持ちのあなたはチェックしてみてください。

 

 

(上記料金はすべて税抜きで表示してあります。)

LTEとWiMAXとクラウドSIMって何がどう違うの

wifi安いおすすめ

 

 

安く契約できるwifiサービスをまとめてみましたが
クラウドSIMとLTEとWiMAXの3通りありますよね。

 

(まぁクラウドSIMもLTEではありますがw)

 

いずれも端末ひとつあれば家でも外でも
スマホやパソコンでインターネットに接続できるwifiですが

 

では一体どう違う?どちらがおすすめ?なんでしょうか。

 

一言でいうと利用する周波数帯域が違うわけですが
ユーザーとして契約する前に必ず知っておきたいことは

 

 

サービスが提供されているエリア(範囲)が違うということです。


 

サービス未提供のエリアでは
契約してもインターネットに接続できません。

 

いわゆる圏外になっちゃうわけですよね。

 

ですので契約前に必ず各社の公式ホームページで
あなたの自宅や職場でサービスが提供されているかどうか?

 

ここを確認しておくことが最初の作業になります。

 

WEB上から無料で簡単にできますので
ワイファイ契約の前には必ずサービスエリアの確認をやっておきましょう。

 

エリアのカバーが最も広いのがクラウドSIM

 

docomo/au/softbankマルチキャリア対応ですから
人口カバー率も高く広い地域でデータ通信が利用できます。

 

一方、WiMAX 2+でもサービスエリアが拡充されていますが
クラウドSIMに比べるとちょっと狭いかな?という印象ですね。

 

外ではつながっても室内でつながりにくい場合もあったりします。

 

 

ですので、wifiを契約する前にまず大切なことは
自宅や職場でサービスが提供されているかどうかの確認

 

特にWiMAXではピンポイントエリア判定を必ずやっておきましょう!


 

WiMAX 2+の回線を所有しているUQコミュニケーションズでは
無料でテスト用に端末がレンタルできるサービスもあります。

 

Try WiMAXと呼ばれるサービスで無料で15日間
端末がレンタルできますので利用してみるといいでしょう。

 

 

クラウドwifiエリア

 

 

クラウドSIMならマルチキャリア対応ですからまず大丈夫ですが

 

WiMAX 2+は直線的な電波で障害物に弱いケースもありますので
契約前のエリア判定や接続テストがとっても大切です。

 

その点クラウドSIMならマルチキャリアに対応していて
全国的に広い地方でネット接続が使えることがメリット

 

次世代の新技術として注目されるサービスになってるんだね!

 

新型コロナの影響でテレワークやオンライン授業の必要性が認識される中
ポケットwifiの需要も高まり申し込みも増えています。

 

端末の在庫切れや入荷待ちのプロバイダもあったりしますので
各社のホームページをよく確認してから検討してくださいね。

 

 

当サイトではできる限りの最新情報掲載に努めていきますよ。

 

 


TOPへ