wifiを契約する前に必ず確認しておきたいことはサービス提供エリア

wifi契約前にはサービスエリアの確認を!

 

 

wifiを契約する前に必ずやっておきたいこととして

サービス提供エリアの確認・判定があります。

 

要は、あなたの自宅や職場に電波が届いているか?
きちんとインターネットに接続できるかどうか?

 

しっかり確認しておくことが契約前の作業です。

 

当サイトでは安く使えるおすすめwifiとして
ランキング形式で比較していますが、各社公式サイトには

 

必ずサービス提供エリア確認用の日本地図が用意されていますので
あなたのお住まいの地域をしっかりチェックしておきましょう。

 

一般的に、ソフトバンクやNTTドコモのエリアで使えるLTEは
サービス提供エリアも広く、人口カバー率も高く

 

回り込みにも優れる周波数帯域を利用していますから
エリア内ならまず問題なく利用できるといえるでしょう。

 

もうひとつWiMAX 2+でも、サービス提供エリアは拡充されていますが
LTEに比較すると狭い・・とはいえるでしょうね。

 

またWiMAX 2+は、高い周波数帯域を利用しますので
LTEと比較すると回り込みに劣り、障害物に弱い

 

ですので、特に室内での接続が不安定な場合もありますから
サービスエリア内でも、契約前に接続テストはやっておきたいですよ。

 

wifiはいったん契約すると、契約先によって変わってきますが
最低利用期間が2年〜3年の縛りが条件となっています。

 

縛りがあるかわりに特典として、料金が安く利用できるわけです。

 

また、基本的にクーリングオフ対象外ですので
契約してから後悔することなく、そして契約中快適に使えるように

 

事前のエリア確認・接続テストが大切になってきます。

 

WiMAX 2+の回線を所有しているのはUQコミュニケーションズ
KDDIのグループ企業となりますね。

 

UQでは、WiMAX 2+契約前に端末を無料でレンタルできて
自宅や職場で接続テストができるサービスのTry WiMAX

 

 

トライワイマックス

 

 

こんなサービスも用意されているので利用してみましょう。

 

UQコミュニケーションズTry WiMAXはこちらから

 

15日間端末が無料で借りられて、送料などの負担もありませんよ。

 

wifiを契約する前には、各社公式サイトから
サービス提供エリアの確認・判定がまず最初の大事な作業

 

あなたの自宅や職場・学校などでネットが使えるかどうか?
しっかり確認してから契約しましょうね!