【WiMAX】Speed Wi-Fi NEXT WX03

WiMAX 2+の端末Speed Wi-Fi NEXT WX03の特長は

 

 

WiMAX 2+で利用するSpeed Wi-Fi NEXT WX03
2016年12月にリリースされたデータ端末となります。

 

最大の特長としては、東名阪エリアを中心に

 

下り最大440Mbpsの高速通信に対応していること!

 

キャリアアグリゲーションと4×4MIMOを組み合わせて

 

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03は下り最大440Mbps対応

 

 

下り最大440Mbpsが利用できるようになります。
東京・大阪・名古屋の都心部よりスタートというわけですね。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03の基本的なスペックとして
サイズ 高さ98mm×幅62mm×厚み9.3mm
重さ 約110グラム
連続通信時間 約440分(ハイパフォーマンスモード時)

約600分(ノーマルモード時)

連続待受時間 約1,100時間(休止状態)
同時接続 最大10台(wifiデザリング時)

 

利用できるのはハイスピードモード(WiMAX 2+)

 

2.4インチの液晶ディスプレイが搭載されていて
スマホ感覚で簡単に切り替えや操作が可能ですね。

 

カラーバリエーションはホワイトゴールドとディープブルー

 

GMOとくとくBBおよびBroad WiMAXともに
取り扱われている端末となります。

 

民泊wifiでは、契約期間の縛りなしで
レンタルすることが可能になっていますよ。

 

なお、2017年11月には後継機種となる
Speed Wi-Fi NEXT WX04の販売がスタート

 

WX04にはハイスピードプラスエリアモードが搭載されて
au4GLTEも利用できる端末となっています。